『深泥池生物群集』 京都府 天然記念物


天然記念物・国宝・文化遺産・パワースポットまとめて検索!

深泥池生物群集 《基本情報》

名称深泥池生物群集
文化財種類史跡名勝記念物
文化財種別天然記念物
名称
都道府県京都府
概要

『深泥池生物群集』(みどろがいけ)(京都府)は 、国指定の天然記念物です。

京都盆地の北端、岩倉盆地と接する場所にあり、周囲1.5km、面積9haのため池のような池ですが、14万年前の氷河期収束の頃からの極めて特異な動植物、「ミツガシワ」やミツガシワに卵を産んで生育する「ハナダカマガリモンハナアブ」「ハリミズゴケ」などが数多く生き残っている貴重な池です。

池全体の3分の1が浮島で占められ、湿原を形成しています。
この浮島は、枯れ葉などが泥炭となって堆積し、その上にミズゴケなどの植物が成育しているもので、泥炭から発生するメタンガスで浮き上がっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です