『岩泉湧窟(龍泉洞)とコウモリ』 岩手県 天然記念物



天然記念物・国宝・文化遺産・パワースポットまとめて検索!
名称龍泉洞
文化財種類史跡名勝記念物
文化財種別天然記念物
名称
都道府県岩手県
概要

『岩泉湧窟及びコウモリ』(岩手県)は、国指定の天然記念物です。

洞内は現在発見されているだけで3,100m以上あり、現在も調査が進められ、全長5,000m以上に及ぶ大洞窟と推測がされています。

秋芳洞(山口県美祢市)・龍河洞(高知県香美市)と共に「日本三大鍾乳洞」の一つに数えられており、湧き出る透明度の高い清水は、名水百選に選定されています。

また、この湧水によって形成された深い地底湖(第三地底湖・水深98m 第4地底湖(未公開)12Om)は日本-で、世界でも有数の透明度で知られます。

冬から春先にかけてはコウモリが冬眠するため、洞内に生息している、「ウサギコウモリ」「コキクガシラコウモリ」「キクガシラコウモリ」「モモジロコウモリ」「テングコウモリ」の5種類のコウモリを間近で見ることができます。

12月1日~3月31日の期間に、「コウモリうぉっちんぐ」イベントが開催され、コウモリをはじめ、洞内の案内、生物の紹介などのツアーが行われています。龍泉洞事務所(TEL:0194-22-2566)

Photo:龍泉洞 By Photo:龍泉洞 By Photo:龍泉洞 By Photo:龍泉洞 By Photo:龍泉洞 By

龍泉洞関連映像

龍泉洞(岩手県岩泉町) 2019.8.10

【家族旅行】岩手県〜龍泉洞編パート2〜

龍泉洞10

龍泉洞1

「風来TRACER900GT」岩手県龍泉洞へ

龍泉洞に関するQ&A情報


This entry was posted in 岩手県 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*